好CP不萌吗

其实是一条咸鱼XD
沉迷FF14无法自拔
#精分# #拖延症晚期#
傻白甜或者虐虐虐其实都可以
需要收敛一下攻击性
杂食生物有粮吃www
封面是我cp,可爱吧

突然庆幸直到今天才看完基本演绎法。
已经知道续订·把五季全下载进电脑·不用上课
然后受到了冲击。
——————————————
一直都没懂Sherlock线出现的女人是个啥意思[直到最后]
看起来是精神分裂??[外行人表示CT显示的那个脑子.....还挺对称???毛病在哪.....]
记忆模糊应该是受到的影响之一吧......
真是......想打人_(:з))∠)_
结尾搞事.jpg

存档,别看!q说字数超出限制那我就发这里存着

「その旅路の始まり」
私は、フォルタン家の使用人である。
勤続年数はそろそろ5年。新人たちには、それなりに良い先輩として慕われていると思う。
しかし我が主たちにとっては、依然、名前までは覚えていない程度の存在だ。フォルタン家の使用人といえば、優に100名を超えているのだから仕方ない。私は早く名指しで用を承るような使用人になりたいと、忠実に日々の仕事に励んでいた。
それは、あの恐ろしい皇都決戦……邪竜ニーズヘッグとの戦いから、しばらく経ったある日のこと。共和制への移行を受けて、皇都中がまだ落ち着かない日々を過ごしていたときの話だ。
フォルタン家の屋敷にも変革の影響は色濃く出ていて、特に情報交換の場である会食の席については、設けられない日がないほどだった。伯爵の位を継いだアルトアレール様に挨拶をしにいらっしゃる方、一線を退いたエドモン様を労いにいらっしゃる方、果ては緊張しきりの庶民院の議員たちまで、とっかえひっかえに伯爵邸を訪ねてくる。
そんな騒ぎの中で、私は廊下ですれ違った家令のフィルミアン氏に呼び止められた。
「頼みがあります。この忙しさでほかの使用人が動けないため、
 責任重大な仕事ですが、あなたに任せてもよいですか?」
もちろんですと背筋を伸ばして返答すると、フィルミアン氏は簡潔に仕事の内容を指示した。それによると、アルトアレール様が新議会から領地の権利にまつわる書類を提出するよう求められているのだが、キャンプ・ドラゴンヘッドの分が手元にないらしい。恐らく現地に保管されているので、すぐに向かって回収してきてほしいということだった。
私は承諾し、近くの窓の外に目を遣る。まだ日は高く、これから出発しても夕方にはキャンプ・ドラゴンヘッドへ到着できそうだ。
……と、私の視線の先を、見慣れた人物が通り過ぎていった。
竜詩戦争を終結に導いた英雄……冒険者であり、フォルタン家の客人でもある、その人だ。
私も常々ご挨拶したいとは思っているが、一介の使用人の身では畏れ多く、遠巻きに賞賛の眼差しを送るのがせいぜいである。
「フィルミアンさん、あの方は、またどちらかへお出かけに?」
「さて……私どもには窺い知れない事情もありましょう。
 ただ、先ほどうちの執事と、過去を偲ぶような話をしていらっしゃったようです。
 もしかしたら、あの方なりの、追憶行に旅立たれたのかもしれませんね」
なるほど、英雄ともなれば、思い返すべきことも多いに違いない。
私は勝手に納得すると、任務遂行のためにその場を立ち去った。

キャンプ・ドラゴンヘッドへは、予定通りに到着した。
現地の騎兵たちに事情を話し、書類の捜索を開始する……が、そこからが難航した。責任者であったオルシュファン様は、指揮机の引き出しに、様々な書類を実に豪快に放り込んでいたのだが、目的の権利書だけがそこになかったのである。兵舎や敷地内のめぼしい場所を探してみたものの、書類はどこにも見つからない。結局本家に連絡をし、数日キャンプに留まって、徹底的な家捜しをする羽目になった。
捜索開始から数日目の深夜、私はひとり、オルシュファン様の私室で書類を探していた。亡くなった主の部屋に手をつけるのは気が引けたが、何度も捜索しているうちに、焦りの方が勝ってきていた。心もとないランプの明かりをかざしながら、半ばヤケになって、机の引き出しの中身を掻き出すように探っていたところ、ふと、その底が二重になっていることに気が付いた。期待に胸を高鳴らせながら一段目の底を外す。そこには、一束の書類が丁寧に仕舞われていた。
「こ、これだ……!」
すぐに束ごと取り出して、内容に目を走らせる。……探していたものに間違いないようだ。
盛大に安堵の息を漏らした私の手元から、不意に、一枚の封筒がすべりおちた。
どうやら書類の間にはさまっていたらしい。あわてて拾い上げて確認するが、封筒には宛名もなければ封もされていなかった。これも関連する書類であったらいけないと、念のため中身を取り出し、目を通す。
……すぐに、私は息を飲んだ。
それは、手紙だったのだ。
亡きオルシュファン様が、ひとりの友に宛てた手紙……。
淡く揺らめく明かりの中に、手紙の文字が、去りし日の想いが、静かに浮かび上がった。

親愛なる友へ
お前は、変わらず元気にしているだろうか?
ドラゴン族による皇都再襲撃の予測……それを受けて、お前やアルフィノ殿が西へ旅立ってから数日が過ぎた。今どこにいるかもわからないお前に、この手紙が届くとも、届けようとも思っていない。つまりは、書き記しただけの独り言だ。
それでも、遠くの空を見ては旅の無事を願う想いを、一度くらいは吐き出さずにいられない。
万が一、これがお前の目に触れるようなことがあったら、まあ、そういうものだと思ってひとつ頼む。
さて。お前は、イシュガルドに招かれて幸せだっただろうか?
それとも、仕方なく逃げ延びた先で、また誰かの戦いに巻き込まれることになり、うんざりしているのだろうか。たとえそうであったとしても、お前は戦い抜いてしまうのだろうと、容易に想像がついて苦笑している。
私はといえば、お前がイシュガルドに来てくれたことを、心から嬉しく思い、感謝するばかりだ。
それは、お前の実に逞しくイイ冒険者ぶりを、近くで見られる機会が増えたという喜びでもあるのだが……何よりも、頼れる友と同じものを目指し、ともに戦えるのだ。心躍らないわけがない!
お前たちが、ウルダハから逃げ延びて、雪の家に転がり込んできた日。
「暁」が灯火を消さんとしていたように、私もまた、お前という友を燻らせてはならないと思った。そこで、どうにかお前たちをイシュガルドに招き入れることができないか、フォルタン伯爵に……父に直訴に行ったのだ。

……白状すると、私は父のことが苦手だ。
恨んでいるわけではない。母にしたって、正しい人であったが故に、己の立場に耐えきれなくなり、私を置いて失踪しただけのこと。父は母のことも、私のことも、愛してくれていたと思う。ただ、それを互いに上手く伝えあえず……私は、フォルタン家に仕える騎士としてしか、あの人と話ができずにいたのだ。
お前のことを頼みにいったとき、当初、父の返事は渋かった。
それまで開拓団への支援などには積極的だった父でも、指名手配中の人物を受け入れるのには、家を預かる者として懸念があったらしい。
諦められずに懇願する私に、父はそこまで固執する理由は何なのかと問うた。私は、お前との思い出を心のままに語った。それは量としては乏しくとも、ひとつひとつが私にとってかけがえのない、驚きと輝きに満ちたものだ。故に、我が友がどのような人であるか、そして私が友を救いたいと願う気持ちを伝えるには、それが一番だと考えた。
思えば、父とあれほど長く話したことはなかったかもしれない。語り切った私をしばし見つめていた父は、ふと目元を緩め、「明日まで考えさせてほしい」と言った。
そしてその翌日、正式に後見人になると、返事を寄越してくださったのだ。
以降のことは、お前も知るところだろう。
おかげさまで、私は以前よりも、本家に顔を出すのが少しばかり楽しみになった。
とはいえお前は大概不在で、また七面倒な役目を背負ってどこかへ旅立っていると聞くたび、私はお前を祖国のいさかいに巻き込んでしまっただけなのではないかと思ったりもする。それについては、文句があったら、いつか酌でもしながら聞くとしよう。
それでも、友よ。
私は、一片の疑いもなく、信じてしまうのだ。
いかなる困難も、決してお前を挫かせることはできまい。
それは今回の旅だけではなく、この先、お前がどこを目指したとしても変わらない。
ひとりで越えられない壁があったとしても、お前が進もうとする限り、必ず誰かが手を差し伸べるだろう。私が今、そうしたいと願っているようにだ。
そしてその困難の先には、必ず新しい景色が待っている。
それを見つけたときにはきっと、大いに、笑ってほしい。
お前の旅路が、最良のものであるよう……
無事を祈っている。
―― オルシュファン・グレイストーン

翌日、私はオルシュファン様の手紙を手に、雪道を駆けていた。
皇都へ帰る直前になって、英雄殿が……あの方が、キャンプ・ドラゴンヘッドへ立ち寄ったという話を聞いたのだ。あの方は、キャンプを出て北へ向かったらしい。そこに何があるかは、屋敷勤めの私でもよくわかっていた。
深い雪に何度も足をとられながら、走って、走って、走り続ける。
あの方は、きっと本当に、これまでの旅の追憶をしていたに違いない。
だとしたら、その旅がいかにして始まることになったのか、この手紙を渡して伝えなければ……!
遠くにあの方の背中が見えて、私はやっと足をゆるめた。
大声でお名前を呼ぼうとして……咄嗟に口をつぐむ。
あの方は、オルシュファン様の慰霊碑を、ただ静かに見つめていた。
ここからは見えないものの、どうしてだろう、微笑んでいるのではないかと思った。
もしかしたら……この手紙に書かれているようなことは、とっくにご存じなのかもしれない。事実としてはどうあれ、そこに込められたオルシュファン様の想いは、すでにあの方の胸の内に宿っている……不思議と、そんな気がしてならなかった。
手紙を握りしめる手から、微かに力が抜けたそのとき、一陣の風が吹き抜けた。
私が「あっ」と声を上げたときにはもう遅く、手紙はこの手をすり抜けて、雪原から空へと舞いあがる。まるで、見えない誰かが導いているかのように、それは高く高く昇って……
やがて、空に溶けたのだった。

前へ
ツイート  

匹配遇到了一对,女方妲己男方阿珂
我李元芳。
——————
男:老婆你夸夸我嘛不夸我都不高兴了。
女:你最棒了。
----------------
期间聊天让我觉得这局输了也没什么关系毕竟这位实在太烦(看起来另外两个人也有此意因为有人选了投降)
男:对面阿珂好菜。【叨逼叨叨逼叨——】这个元芳都不会点塔吗快打塔啊,不会玩吧??
嗯这会我已经决定当个演员,他一个人打团我在地图不远处清理兵线。
然后公屏:
阿珂:这是我见过最送的元芳
李元芳(我):那是你见识还不够
然后他梗住了。
——————
看我气不死你这个亮尾巴的没毛孔雀。

影之国dps第一
我要膨胀了
死不撞球疾跑躲aoe
奶妈给我个单盾就可以放生我了谢谢

脑洞

玩sims4突然出现的脑洞。
运动系x艺术系
运动系被我捏完之后没配进游戏,被系统配了个餐馆招待的工作233333。
我倒要试试我能不能追到这货。

fgo两只黑狗,梦百一只弟弟
啊!!!!!!!欧过头了救命!!!!
我还要考试!
我还有选择题要考!
放过我吧!
给我自己留点欧气!

mmp极鬼的冰火圈!
我要是还会死在这的话部队都不会想带我了【捂脸】

在你心上戳一刀
在我心上戳一刀

就有点....想嫖卡卢比.....
可我是历史苦手啊.....
夜帝大大啊这里有个沈酱侠门下的小喵萝暗恋你你知道吗【捂脸】
【对不住半年没上游戏了忘记沈酱侠左护法右护法了】

果然
匹配三连跪了